エレコムトラックボール赤玉6ボタン【M-XT3DRBKレビュー】設定方法も紹介

当ページのリンクには広告が含まれています。
  • URLをコピーしました!

トラックボールの中でもコスパの良いM-XT3DRBKは使いやすいのか?デメリットは何があるのか?

マウスの特徴やカスタムボタンの設定方法も合わせてご紹介します。

参考にしてほしい方
  • トラックボール選びに迷っている方
  • 使いにくそうと思っている方


1ヵ月使用したレビューなど参考にいただければ幸いです。

ちなみにAmazonで「黒玉」なら3,000円程度と安いのでオススメです。

エレコム マウス ワイヤレス トラックボール (親指) 赤玉 6ボタン チルト機能(左右スクロール) ゲーミンググレード光学センサー採用 ブラック M-XT3DRBK-G
Amazonが安い!


  • 主流の光学式マウスと比べてどっちがいいの?
  • トラックボールは抵抗がある


という方には、光学式マウスとトラックボールのどちらが効率的なのか?別記事でまとめました。

ボールだけでも販売されており、メンテンナスもラクです。

エレコム トラックボールマウス用交換ボール 34mm レッド M-B1RD 配送種別:DM


目次

M-XT3DRBKの仕様


トラックボールの中では128gと軽く、初めてトラックボールを使用される方にオススメできるマウスです。

サイズ幅94.7mm×奥行124.4mm×高さ47.9mm
重量約128g
※電池は含まない
接続方法USB
ボタン数6個(ホイール含む)
連続動作時間ローエナジーモード:約125時間
ハイスピードモード:約76時間

M-XT3DRBKの特徴


  • 吸いつくようなフィット感
  • チルトホイールで左右の移動がラク
  • ポインタの移動速度が手軽にできる
  • 進む・戻るボタンがついている
  • カスタマイズが便利すぎる

デメリットは女性にはやや大きく感じるサイズです。

トラックボールの性能比較「M-XT3DRBK-G」はコスパ最強


M-XT3DRBK-G

M575S

M-XPT1MRXBK
ブランドエレコムLogicoolエレコム
サイズ幅94.7mm×奥行124.4mm×高さ47.9mm幅100mm×奥行134.0mm×高さ48.0mm幅108.0mm×奥行135.0mm×高さ47.7mm
重量約128g約145g約147g
接続方法USBUSBUSB or 有線
Bluetooth未対応対応対応
ボタン数6個5個8個
チルト機能有りなし有り
ポインタ速度
変更スイッチ
2段階
750/1500
なし3段階
500/1000/1500
連続動作時間ローエナジーモード:約125時間
ハイスピードモード:約76時間
2年ローエナジーモード:約134時間
ハイスピードモード:約91時間
価格約4,000円約6,000円約8,000円
購入する購入する購入する
チルト機能とは:ホイールに機能に加え、左右のスクロール機能がついています。


価格は約4,000円ですが、ボールが黒の「M-XT3DRBK」は約3,000円なのでお買い得です。

吸いつくようなフィット感


手全体のフィット感が凄いです。特に手のひらから指先にかけての部分がマウスにフィットします。

「マウスを握るだけでリラックスできる」と言っても過言ではないくらいに握り心地がいいです。

マウスを動かして作業する光学式マウスと違い、手は動かさずマウスに手を置いたまま使用することを考えれば、疲れにくいので長時間の作業にも適しています。

チルトホイール機能搭載で左右の移動がラク

上下のスクロール以外にもホイールを押しながら左右に倒すことで横へのスクロールが可能です。

Excel作業で横に長いデータなどを扱う際にわざわざページ下のスクロールバーを動かさなくて済むのでラクです。

簡単なスイッチ切り替えでポインタの移動速度が変更できる


ホイールの上に切り替えスイッチが付いています。

カーソルの移動速度が2段階(LOW・HIGH)で切り替えることができます。PCの設定画面からカーソルの速さを調整しなくてもスイッチの切り替えだけで出来るので便利です。

illustratorなど細かい作業をする場合は遅く、普段は早くなど好みに合わせて手軽に調整できます。

進む・戻るボタンがついている


光学式マウスでも「進む・戻るボタン」が付いているタイプがありますが、意外と使っていない方が多いです。

以前使用していたマウスにも「進む・戻る」のボタンが付いていましたが、押しづらかったので使っていませんでした。


ただしこちらのマウスでは人差し指(左クリック)のすぐ横に付いており、押しやすいので作業効率が上がります。コピー(ctrl+C)や貼り付け(ctrl+V)などにも設定変更可能です。

ちなみに「進む・戻る」よりも「ctrl+C」「ctrl+V」が使用頻度が多いので設定を変えました。


ボタンのカスタマイズが便利すぎる



カスタマイズボタンが薬指の部分についています。

カスタマイズの割り振り機能は数多くあり、好みに合わせて設定できます。


薬指でのクリックは慣れないかもしれませんが、手にフィットするので押しやすいです。

数多くある中から、ダブルクリック、Enter、Deleteのどれにするか悩みました……。

エレコム マウス ワイヤレス トラックボール (親指) 赤玉 6ボタン チルト機能(左右スクロール) ゲーミンググレード光学センサー採用 ブラック M-XT3DRBK-G
Amazonが安い!


【デメリット】女性にはやや大きいと感じる


光学式マウスの「エレコムM-XGM10DBRD」(左)と比較すると今回購入したエレコムM-XT3DRBK-G(右)を並べてみると分かりますが、ひと回り大きいです。

それぞれのサイズ分類は「M」と「L」です。

男性はちょうど良いサイズ感ですが、女性の場合大きく感じます。

【デメリット】ボールを使いすぎると親指が腱鞘炎になるかも

参考として私の場合は1日平均(5~6時間)を週7日間使い続けていますが1ヵ月経過した現状は大丈夫です。

スマホを頻繁に触り、親指を酷使されている方には疲労が溜まるので使いすぎにご注意ください。

梱包内容

箱を開けるとマウス以外に

  • 電池
  • 取扱説明書

が入っています。


取扱説明書にボタンの設定方法やマイクアシスタントのインストール方法が記載されています。

ボタン割り当て設定方法

「エレコム マウスアシスタント」で検索するとWindows版とMac版を選択します。今回はWindows版をダウンロードします。

引用:エレコム マウスアシスタント (Windows版)


画面最下部までスクロールするとソフトウェア使用許諾契約書がありますので一読し、同意してダウンロードをクリックします。

引用:エレコム マウスアシスタント (Windows版)


ダウンロードすると下記の画面が表示されます。


完了をクリックすると、ウインドウが表示されますので、「OK」をクリックします。


ダウンロード後のパソコン設定にもよりますが、基本ショートカットがデスクトップに表示されます。


クリックしファイルを開くと、下記の設定画面が表示されます。


左上にマウスの画像があり、現状選択しているボタンが黄色く光っています。

カスタムボタンの設定をしてみます。ボタン6をクリックすると項目がたくさん表示されます。今回はEnterキーを選択しOKボタンをクリックし、設定完了です。

まとめ:1日(2~3時間)使えば慣れる

ボール部分は慣れるまでは使いづらいですが、2~3時間使用も使用すれば慣れます。

慣れてしまえば、作業時間は確実に短縮できます。さらに生産性を高めたい方にはモバイルモニターが便利です。


性能面で優れているトラックボールですが、それ以上に光学式マウスと比べ、体の負担が少ないです。

光学式マウスを動かす場合、実際はマウスを左右上下に腕を持ち上げて動かしています。作業時間にもよりますが、1日で数千回腕を持ち上げていることと同じなので知らない間に腕や肩・手首への負担がかかっています。


対してトラックボールはマウスを動かさず、ただ置いているだけ。なので負担がほぼありません。

「パソコンして疲れる」という方は是非使用してみてください。

肩こりが特にひどい。という方にはトラックボールと併用してパソコンスタンドを活用すると解消されやすいです。


エレコム マウス ワイヤレス トラックボール (親指) 赤玉 6ボタン チルト機能(左右スクロール) ゲーミンググレード光学センサー採用 ブラック M-XT3DRBK-G
Amazonが安い!


アドセンスMultiplex 広告

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

30代半ば1児のパパ。前職はホームセンターの店員。日用品・ペット用品・レジャー・自転車・家電・インテリアなど担当し幅広いアイテムを販売。
現在は日用品メーカーの営業。ガジェットや使って良かったアイテムやサービスを紹介。

目次